NHK 大河ドラマ 平清盛 感想 ブログトップ

NHK「平清盛」てこ入れ [NHK 大河ドラマ 平清盛 感想]



「平清盛」、視聴率低迷が続いています。

平成6年の「花の乱」が記録した

歴代大河の最低平均視聴率14・1%に迫る勢いとか…。


第2部スタート前の会見では、

「映像が見にくい、人物関係が複雑という声があり、

問題点と認識している」と認めた上で、

コントラストを徐々に変えるなど工夫していることを明かしました。



 



続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

NHK会長 兵庫県知事の平清盛批判を歓迎 [NHK 大河ドラマ 平清盛 感想]

NHK会長が兵庫県知事の平清盛批判を歓迎するコメントを出しました。


注目度が集まっていいということですね。


ただ批判の内容に関することには、「いろいろな意見はあるが、作る方は時代表現を出来る限りリアルに、そして最新の技術を使って表現しており、平清盛という歴史的な人物が描き出されればいい。」としました。


知事が逆のコメントを出していたロケ地の広島では、すでに経済効果が出始めているといいます。


**********************************


>> 平清盛 ロケ地
清盛海のみち展、開催中。桟橋に展示の宋船(海賊船)もご覧いただけます。


**********************************


 


他力本願的な兵庫県知事と自力他力本願現の広島県知事。


どちらが平氏?源氏?


平清盛 第3話 源平の御曹司 感想 [NHK 大河ドラマ 平清盛 感想]

ここまでの平清盛、どうも織田信長の若いころに似てますね。


あくまでも大河ドラマの中のイメージですが・・・。


今の平清盛も「うつけ」といっていいでしょう。


織田信長といったら「うつけ」


平清盛は、織田信長が尊敬した人物の一人と言います。


生き方も通じる所がありますね。


源平の御曹司対決は、源氏に軍配が上がりました。


天狗の鼻をへし折られました。


若いうちは、アチコチぶつかりながら成長していくんですね。


***************************************


平清盛 坐像



平清盛 第2話 無頼の高平太 感想 [NHK 大河ドラマ 平清盛 感想]

第1話で兵庫県知事にイチャモンを付けられたNHK大河ドラマ 平清盛。


煌びやかに演出する設定でもなかろうにと思います。


武士が番犬扱いされてた時代、この泥臭さがいいと思います。


白河法皇、崩御です。


伊東四朗さん、演技も演出も良かったです。


まさに、もののけ。


少年期の清盛にとって最大の仇であり、巨大な存在で白河法皇。


最後は実の息子である清盛にちょっとした優しさ(?)が見えました。


こう感じたのは私だけでしょうか?


~「お前にも、このわしと同じもののけの血が流れておる」~


父であることを明かしたということです。


 


**********************************


美木良介さん考案 ロングブレスダイエット



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

平清盛 第1話 ふたりの父 感想 [NHK 大河ドラマ 平清盛 感想]

この時代を描いたドラマの特徴、公家・皇族がキモイ^_^;


第一話を見るかぎり、それほどでも無かったのよかったです。


ただ、陰陽師とか出てきた時は、さすがに引きます。


舞子を演じる吹石一恵さん、早すぎる。


第一はで早々と処刑されちゃいます。


あらすじを見るかぎりでは、助けてもらえるのかなと期待しましたが…。


~「殺されたくなかったら、強くなれ!」~


忠盛が平太(清盛)にかけた言葉、胸に響きます。


「クビにされたくなかったら、仕事しろ!」に聞こえたのは私だけだろうか…。


 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
NHK 大河ドラマ 平清盛 感想 ブログトップ
広告スペース
Copyright © NHK 大河ドラマ 平清盛 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます