平清盛 第6話 西海の海賊王 あらすじ [NHK 大河ドラマ 平清盛 予告]

平清盛 第6話 西海の海賊王は、

2月12日よる8時からの放送です。


平清盛が安芸の海を荒らす海賊に挑みます。

初めての本格的な戦闘にひるむ清盛をかばい、

乳父の平盛康は深手を負ってしまいます。


一時退散した平氏ですが、平清盛は、

盛康を負傷させた自分にやりきれず、

単身、小船で海へ出ます。


海に出た清盛が海上で通憲と出会いますが、

二人の乗った小船は海賊たちにとらえられてしまいます。


捕縛され、巨大な宋船に移された二人の前に現れたのは、

兎丸という海賊の棟梁。


その男こそ、かつて清盛に出生の秘密を明かした、

あの盗賊朧月の息子でした。


一方、東国での武者修行に出た源義朝は、

尾張・熱田神宮で、宮司の娘と出会います。


この娘こそが、のちに平氏を滅ぼすことになる

源頼朝の母・由良姫でありました。


海賊との海上戦シーンは、全長約22メートルの船を用いた

大規模な海上ロケによって撮影されているそうです。


阿部サダヲさんに言わせると、

「戦闘シーンは『パイレーツ・オブ・カリビアン』と

『ONE PIECE(ワンピース)』が一緒になったような

すごいエンターテインメント」ということです。


楽しみですね!


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © NHK 大河ドラマ 平清盛 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます